やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

中国製ってどうなの?

中国製のコルクマットって大丈夫なのか不安になりますよね。ここでは日本製のコルクマットにはない中国製の利点をお答えしています。

 

日本人は中国製の製品に対して、ネガティブなイメージを持ちがちです。

 

確かにこれまでは、問題のある中国製も多くありました。

 

しかし、コルクマットに関しては、中国製でも全く問題ありません。

 

耐久性は十分にありますし、小さな子どもがいる家庭でも長く使えています。

 

また、気になる安全性についても、中国製のコルクマットが原因で健康被害が起きたニュースはありません。

 

もちろんコルクマットのメーカーは様々なので、中国製でも絶対に大丈夫とは言えません。

 

ですが、一般家庭で通常の使い方をする範囲なら、全く問題ないでしょう。

 

むしろ中国製のコルクマットなので、利点となる部分もあります。

 

利点となる部分は、価格の安さです。

人件費が高額になる日本製よりも、低価格でコルクマットを購入できる利点があります。

 

また、低価格で購入できる利点は、使用目的によってはかなり魅力的です。

 

例えばペットを飼っている家庭なら、コルクマットが汚れてしまうことは多いでしょう。

 

そんなときに、価格の安い利点が活かされます。
価格が高いコルクマットだと簡単に購入できませんが、価格が安い利点がある中国製なら、
汚れたらすぐに交換できます。 使い捨て感覚で使えるのは、日本製にはない利点です。

 

まとめ

 

価格が安いのに性能がよいのがやさしいコルクマット

 


おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット
            

 

 

関連ページ

コルクマットの種類
コルクマットと一口にいっても、さまざまな製品があります。その中でも特に人気があるのは、やさしいコルクマットというシリーズです。
厚型より薄型がよいのか
厚型のコルクマットと薄型のコルクマット。どちらを選ぶかまよいますよね。ここでは厚型より薄型のコルクマットを選ぶメリット を考えました。
クルクマット大粒と小粒のまとめ
コルクマットの大粒と小粒の違い てどうなのか気になりませんか?ここではその点についてお答えしています。
コルクマット厚手のメリットのまとめ
厚手タイプのコルクマットのメリットはとても気になりませんか ?ここではそのメリットについてお答えします。
コルクマット大粒ってどうなのかのまとめ
コルクマット大粒がベターなのか気になったので調べてみました。ここではそれにお答えしていきます。
日本製のメリットとデメリットのまとめ
比較すると圧倒的な魅力がある日本製のやさしいコルクマット ですが調べてみると意外なことが!
60cmコルクマットのメリット
60cmコルクマットのメリットについて調べてみました。ここではそれにお答えしています。
やさしいコルクマットとニトリの比較のまとめ
やさしいコルクマットとニトリの製品どちらがよいのか迷いますね。ここではそんな疑問にお答えします。
コルクマットとカーペットの比較のまとめ
コルクマットって必要なのかな、カーペットのほうがよいんじゃないかと思いませんか。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
30㎝コルクマットの利点のまとめ
30cmのコルクマットについて、その利点を纏めてみました。 ここではその疑問にお答えしていきます。