やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

厚型より薄型がよいのか

厚型のコルクマットと薄型のコルクマット。どちらを選ぶかまよいますよね。ここでは厚型より薄型のコルクマットを選ぶメリット を考えました。

 

 

コルクマットには、厚型の他に薄型もあります。
一般的には 8mm ほどの厚さだと薄型と言われ、厚型にはないメリットがあります。

 

薄型のメリットは、ドアやクローゼットの下に敷けることです。

 

厚型のコルクマットを敷いていると、ドアやクローゼットを開けたときに擦れてしまい、スムーズに開け閉めできません。

 

最悪の場合は、ドアやクローゼットを開けることができないケースもあります。

 

薄型なら、ドアやクローゼットに擦れる可能性は低いです。

 

スムーズに開け閉めできるので、扉の近くにコルクマットを敷くなら、薄型がおすすめです。

 

フローリングの保護を目的にするなら、薄型で十分です。

 

コルクマットをフローリングの上に敷けば、それだけで汚れを防止できます。

 

また、薄くても 8mm ほどの厚さがあるなら、物を落としても突き破る可能性は低いでしょう。

 

キッチンに敷けば、冬場は足元の冷えも軽減できるので、毎日の家事も楽になります。

 

薄型のコルクマットは、厚型と違い防音効果は低いです。

 

しかし、一戸建てなら階下への騒音は気にする必要はありません。

 

むしろ、ドアやクローゼットの問題を考える必要がなくなるので、コルクマットの選択肢を広げることができます。

 

まとめ

 

薄型のメリットは

 

ドアやクローゼットの下に敷けることです。

 

ドアやクローゼットの問題を考える必要がなくなるので、コルクマットの選択肢を広げることができます。

 

 

 


おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット
            

 

 

関連ページ

コルクマットの種類
コルクマットと一口にいっても、さまざまな製品があります。その中でも特に人気があるのは、やさしいコルクマットというシリーズです。
日本製と中国製のコルクマットの比較
中国製のコルクマットって大丈夫なのか不安になりますよね。ここでは日本製のコルクマットにはない中国製の利点をお答えしています。
クルクマット大粒と小粒のまとめ
コルクマットの大粒と小粒の違い てどうなのか気になりませんか?ここではその点についてお答えしています。
コルクマット厚手のメリットのまとめ
厚手タイプのコルクマットのメリットはとても気になりませんか ?ここではそのメリットについてお答えします。
コルクマット大粒ってどうなのかのまとめ
コルクマット大粒がベターなのか気になったので調べてみました。ここではそれにお答えしていきます。
日本製のメリットとデメリットのまとめ
比較すると圧倒的な魅力がある日本製のやさしいコルクマット ですが調べてみると意外なことが!
60cmコルクマットのメリット
60cmコルクマットのメリットについて調べてみました。ここではそれにお答えしています。
やさしいコルクマットとニトリの比較のまとめ
やさしいコルクマットとニトリの製品どちらがよいのか迷いますね。ここではそんな疑問にお答えします。
コルクマットとカーペットの比較のまとめ
コルクマットって必要なのかな、カーペットのほうがよいんじゃないかと思いませんか。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
30㎝コルクマットの利点のまとめ
30cmのコルクマットについて、その利点を纏めてみました。 ここではその疑問にお答えしていきます。