やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

コルクマット大粒

コルクマット大粒がベターなのか気になったので調べてみました。ここではそれにお答えしていきます。

 

コルクマットをフローリングの上に敷き詰めると、防音効果があるだけではなく温かみもありますので冬でも重宝します。

 

小さな子供がいる家庭では怪我防止にもつながりますので、部屋全体に敷き詰める人もいるでしょう。

 

購入には断然大粒がおすすめ
コルクマットにはサイズがあり、大粒のものと小粒のものがありますが、これから購入を考える人はどちらを購入すればいいか迷う場合には、大粒を購入した方がメリットを得やすくなります。

 

フローリングの一部分だけに敷いた場合、歩く事によってコルクマットがずれていく事になり、つなぎ目部分が少しずつ緩んでいきます。

 

小粒のコルクマットの場合、つなぎ目部分が外れやすくなりますので使い勝手が悪くなりますが、大粒のコルクマットは外れにくい為使いやすいでしょう。

 

清掃面からもおすすめ
大粒のメリットは外れにくいだけではなく、掃除の面から考えてもベターです。

 

つなぎ目部分が多ければそれだけ隙間が出来やすいのでそこから埃が入りやすくなり、掃除が大変になります。

 

水分をこぼした場合には大粒の方が拭き取りも楽に出来ます。

 

水分がつなぎ目部分に入り込んだ場合、フローリングにまで染みてしまう事になるのでコルクマットを持ち上げて掃除をする必要がありますが、大粒であればそれだけつなぎ目が少なくなる為フローリングまで染みにくくなります。

 

最初に数枚だけを購入し、後から追加で購入する場合にはサイズをよく確認して購入しなくてはなりません。

 

サイズが違えばつなぎ目部分が合いませんので、組み合わせての使用が出来なくなります。

 

サイズが一緒のコルクマットを購入したとしても、メーカーが違えばつなぎ目部分が異なるデザインになっている場合もありますので注意が必要です。

 

購入前にはどれだけの枚数が必要か部屋の大きさを測って購入しておけば、後から追加の必要がありません。

 

掃除をしやすい大粒タイプを購入しこまめに掃除をするようにすれば、衛生的に使用できますので安心して使う事が可能です。

 

まとめ

 

購入には大粒が断然おすすめ

 

大粒は外れにくく、掃除もしやすく衛生面でも優れている

 

 


おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット
            

 

 

関連ページ

コルクマットの種類
コルクマットと一口にいっても、さまざまな製品があります。その中でも特に人気があるのは、やさしいコルクマットというシリーズです。
日本製と中国製のコルクマットの比較
中国製のコルクマットって大丈夫なのか不安になりますよね。ここでは日本製のコルクマットにはない中国製の利点をお答えしています。
厚型より薄型がよいのか
厚型のコルクマットと薄型のコルクマット。どちらを選ぶかまよいますよね。ここでは厚型より薄型のコルクマットを選ぶメリット を考えました。
クルクマット大粒と小粒のまとめ
コルクマットの大粒と小粒の違い てどうなのか気になりませんか?ここではその点についてお答えしています。
コルクマット厚手のメリットのまとめ
厚手タイプのコルクマットのメリットはとても気になりませんか ?ここではそのメリットについてお答えします。
日本製のメリットとデメリットのまとめ
比較すると圧倒的な魅力がある日本製のやさしいコルクマット ですが調べてみると意外なことが!
60cmコルクマットのメリット
60cmコルクマットのメリットについて調べてみました。ここではそれにお答えしています。
やさしいコルクマットとニトリの比較のまとめ
やさしいコルクマットとニトリの製品どちらがよいのか迷いますね。ここではそんな疑問にお答えします。
コルクマットとカーペットの比較のまとめ
コルクマットって必要なのかな、カーペットのほうがよいんじゃないかと思いませんか。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
30㎝コルクマットの利点のまとめ
30cmのコルクマットについて、その利点を纏めてみました。 ここではその疑問にお答えしていきます。