やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

日本製コルクマットのメリット

比較すると圧倒的な魅力がある日本製のやさしいコルクマット ですが調べてみると意外なことが!

 

取り扱いをしているお店において安定的な売上を推移しているのがやさしいコルクマットであり、種類が多いジョイント式の製品の中において常にトップの支持率があります。

 

コルクの良さは理解しているものの、独特な香りが気になってしまい導入に踏み切ることができない方も少なくないですが、やさしいコルクマットは気になる香りは一切ありません。

 

中国製ですが何ら不都合を感じることなく独特な触り心地や色味から温かみを得ることが可能な画期的な製品です。

 

特にやさしいコルクマットに好意的な目を向ける方が多いのは、子育てをしている方や犬や猫といったペットを飼っている方です。

 

日本製のコルクマットは素手で触れても怪我をしたりトラブルに巻き込まれてしまうといったことはありません

 

また、成長してきた時には衝撃を吸収してくれる吸収材としても役割を果たしてくれるので、マンション住まいなどでは下階に対して足音を気にしなくても良くなるという魅力があります。

 

そして、一般的な製品と比較した場合、極めて快適性能が高いという強みを持ち合わせています。

 

断熱性能に長けているので冬場は足元に感じる寒気をシャットアウトしてくれますし、夏場は汗をかいてもべたつかず爽やかな感覚です。

 

日本製は価格が高く使い捨てに向いていない
このように日本製のコルクマットは優秀ですが、一つだけ欠点があります。それは価格が高いことです。

 

高いコルクマットを買っても自由に配置したり、取り換えたりできません。やさしいコルクマットは中国製ですが十分なパフォーマンスを持っています。

 

まとめ

 

日本製のコルクマットは製品への信頼性も高く優れているが価格があまりに高い。

 

やさしいコルクマットは中国製だが十分なパフォーマンスがあり、しかも安くて使い勝手が良い。

 

 


おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット
            

 

 

関連ページ

コルクマットの種類
コルクマットと一口にいっても、さまざまな製品があります。その中でも特に人気があるのは、やさしいコルクマットというシリーズです。
日本製と中国製のコルクマットの比較
中国製のコルクマットって大丈夫なのか不安になりますよね。ここでは日本製のコルクマットにはない中国製の利点をお答えしています。
厚型より薄型がよいのか
厚型のコルクマットと薄型のコルクマット。どちらを選ぶかまよいますよね。ここでは厚型より薄型のコルクマットを選ぶメリット を考えました。
クルクマット大粒と小粒のまとめ
コルクマットの大粒と小粒の違い てどうなのか気になりませんか?ここではその点についてお答えしています。
コルクマット厚手のメリットのまとめ
厚手タイプのコルクマットのメリットはとても気になりませんか ?ここではそのメリットについてお答えします。
コルクマット大粒ってどうなのかのまとめ
コルクマット大粒がベターなのか気になったので調べてみました。ここではそれにお答えしていきます。
60cmコルクマットのメリット
60cmコルクマットのメリットについて調べてみました。ここではそれにお答えしています。
やさしいコルクマットとニトリの比較のまとめ
やさしいコルクマットとニトリの製品どちらがよいのか迷いますね。ここではそんな疑問にお答えします。
コルクマットとカーペットの比較のまとめ
コルクマットって必要なのかな、カーペットのほうがよいんじゃないかと思いませんか。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
30㎝コルクマットの利点のまとめ
30cmのコルクマットについて、その利点を纏めてみました。 ここではその疑問にお答えしていきます。