やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

60cmコルクマットのメリット

45cmコルクマットのメリットについて調べてみました。ここではそれにお答えしています。

 

コルクマットは非常に使い勝手がよく、かつ安価に販売されているので導入も容易です。

 

単価あたりの費用が安い

大きさには様々なものがありますが、たとえば45cm四方の大きさであれば、数枚張り合わせるだけで広い部屋にも簡単に敷き詰めることができ、また、通常は小さいものを数枚購入するよりも単価当たりの費用が安くなるなどのメリットを有します。

 

季節を問わず快適に過ごせる
コルクマットを敷き詰めることにより、季節を問わず床を適温に保ってくれるので、快適に過ごすことが可能となります。

 

また、特に傷を付けるとトラブルになりやすい賃貸に住んでいる場合には、物を落としてしまうことや、ペットを飼育できるところではペットの爪研ぎや糞尿などで床などを傷付けることを防止できます。

 

衝撃を吸収する性質を持つので、騒音のトラブルを抑えられることもメリットのひとつでしょう。

 

最近のコルクマットは質が高く、安価なものでも耐久性や機能に優れ、長く用いることが可能ですが、繋ぎ合わせるジョイントの部分が欠けることや、穴が開いてしまうこと、著しく汚れたり固くなったりした場合などには、コルクマットの性質をいかすどころか、逆に副作用をもたらす可能性もあるため、早めに取り替えることも心掛けておきましょう。

まとめ

 

大きいサイズのコルクマットは単価あたりのコストパフォーマンスは高い。

おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット
            

 

 

関連ページ

コルクマットの種類
コルクマットと一口にいっても、さまざまな製品があります。その中でも特に人気があるのは、やさしいコルクマットというシリーズです。
日本製と中国製のコルクマットの比較
中国製のコルクマットって大丈夫なのか不安になりますよね。ここでは日本製のコルクマットにはない中国製の利点をお答えしています。
厚型より薄型がよいのか
厚型のコルクマットと薄型のコルクマット。どちらを選ぶかまよいますよね。ここでは厚型より薄型のコルクマットを選ぶメリット を考えました。
クルクマット大粒と小粒のまとめ
コルクマットの大粒と小粒の違い てどうなのか気になりませんか?ここではその点についてお答えしています。
コルクマット厚手のメリットのまとめ
厚手タイプのコルクマットのメリットはとても気になりませんか ?ここではそのメリットについてお答えします。
コルクマット大粒ってどうなのかのまとめ
コルクマット大粒がベターなのか気になったので調べてみました。ここではそれにお答えしていきます。
日本製のメリットとデメリットのまとめ
比較すると圧倒的な魅力がある日本製のやさしいコルクマット ですが調べてみると意外なことが!
やさしいコルクマットとニトリの比較のまとめ
やさしいコルクマットとニトリの製品どちらがよいのか迷いますね。ここではそんな疑問にお答えします。
コルクマットとカーペットの比較のまとめ
コルクマットって必要なのかな、カーペットのほうがよいんじゃないかと思いませんか。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
30㎝コルクマットの利点のまとめ
30cmのコルクマットについて、その利点を纏めてみました。 ここではその疑問にお答えしていきます。