やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

やさしいコルクマットとニトリの比較

やさしいコルクマットとニトリの製品どちらがよいのか迷いますね。ここではそんな疑問にお答えします。

 

赤ちゃんや小さな子供がいるほとんどの家庭で、コルクマットは使用されているのではないでしょうか。

 

フローリングや畳でさえも、赤ちゃんや子供が転んだ場合けがをする恐れがありますが、コルクマットを使用していればクッション効果があり、多くのけがの防止に

 

大変役に立ちます。また、カーペットは冬は暖かく気持ちがいいですが反面夏になるとむしむししたりダニの原因にもなったりします。

 

その点においてもコルクマットは、冬は断熱性に優れており夏はサラッとした素材のため暑くなりません。

 

また、ジュースなどの食べこぼしの際にも、カーペットや畳は拭くのにも一苦労しますし拭いても跡が残ることが大半ですが、コルクマットは耐水性にも優れており水洗いも可能です。

 

このように、様々な面で優れているコルクマットで最近支持されているのがやさしいコルクマットとニトリのコルクマットです。

 

両者を比較してみると、最も売れている6畳用の値段的の比較ではやさしいコルクマットのほうが少し高いです

 

しかしニトリのコルクマットが端を綺麗に見せてくれるサイドパーツがありませんがやさしいコルクマットにはサイドパーツがあります。

 

サイドパーツがある方がホコリが入るのを防いでくれます。

 

まとめ

 

コストはニトリが勝っているが、やさしいコルクマットには端をきれいに見せてくれるサイドパーツがある。

 

おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット
            

 

 

関連ページ

コルクマットの種類
コルクマットと一口にいっても、さまざまな製品があります。その中でも特に人気があるのは、やさしいコルクマットというシリーズです。
日本製と中国製のコルクマットの比較
中国製のコルクマットって大丈夫なのか不安になりますよね。ここでは日本製のコルクマットにはない中国製の利点をお答えしています。
厚型より薄型がよいのか
厚型のコルクマットと薄型のコルクマット。どちらを選ぶかまよいますよね。ここでは厚型より薄型のコルクマットを選ぶメリット を考えました。
クルクマット大粒と小粒のまとめ
コルクマットの大粒と小粒の違い てどうなのか気になりませんか?ここではその点についてお答えしています。
コルクマット厚手のメリットのまとめ
厚手タイプのコルクマットのメリットはとても気になりませんか ?ここではそのメリットについてお答えします。
コルクマット大粒ってどうなのかのまとめ
コルクマット大粒がベターなのか気になったので調べてみました。ここではそれにお答えしていきます。
日本製のメリットとデメリットのまとめ
比較すると圧倒的な魅力がある日本製のやさしいコルクマット ですが調べてみると意外なことが!
60cmコルクマットのメリット
60cmコルクマットのメリットについて調べてみました。ここではそれにお答えしています。
コルクマットとカーペットの比較のまとめ
コルクマットって必要なのかな、カーペットのほうがよいんじゃないかと思いませんか。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
30㎝コルクマットの利点のまとめ
30cmのコルクマットについて、その利点を纏めてみました。 ここではその疑問にお答えしていきます。