やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

やさしいコルクマットとニトリの比較

やさしいコルクマットとニトリの製品どちらがよいのか迷いますね。ここではそんな疑問にお答えします。

 

コルクマットの享受できるメリットはほぼ同じですが、大きな違いがありました。

 

厚さの違いです!

 

赤ちゃんや小さな子供がいるほとんどの家庭で、コルクマットは使用されているのではないでしょうか。

 

フローリングや畳でさえも、赤ちゃんや子供が転んだ場合けがをする恐れがありますが、コルクマットを使用していればクッション効果があり、多くのけがの防止に

 

大変役に立ちます。また、カーペットは冬は暖かく気持ちがいいですが反面夏になるとむしむししたりダニの原因にもなったりします。

 

その点においてもコルクマットは、冬は断熱性に優れており夏はサラッとした素材のため暑くなりません。

 

また、ジュースなどの食べこぼしの際にも、カーペットや畳は拭くのにも一苦労しますし拭いても跡が残ることが大半ですが、コルクマットは耐水性にも優れており水洗いも可能です。

 

このように、様々な面で優れているコルクマットで最近支持されているのがやさしいコルクマットとニトリのコルクマットです。

 

両者を比較してみると、最も売れている6畳用の値段的の比較ではやさしいコルクマットのほうが少し高いです

 

しかし厚さに違いがあります。

 

マットの厚さに関してニトリは9mmですが、やさしいコルクマット11㎜です。

 

このたった2mm差が防音対策や防寒対策に大きな違いが出てきます。

 

たった2㎜でも厚さは20%あまり分厚いことになります。

 

値段は少し高めでも、その分の効果はあると思われます。

 

コストはニトリが勝っているが、やさしいコルクマットには上回る厚さがある。

 

この厚さの違いはは値段のデメリットを大きく上回りコスパは高い。

 

厚手のメリット

厚手タイプのコルクマットのメリットはとても気になりませんか ?ここではそのメリットについてお答えします。

 

 

小さい子供の振動に強い

 

マンションやアパートの場合、振動が階下に伝わりやすいという特徴があります。

 

特に小さい子供がいる場合はバタバタと走ったり遊び回るため、どうしても振動は大きくなってしまいます。

 

そんな時に便利なのが厚手のコルクマットです。コルクマットのメリットは厚手のものほどクッション性が高いので、子供が走り回って転んでも怪我をしづらくなって
います。

 

また、階下へ振動を伝わりにくくする効果もあるので、小さな子供がいてもご近所に騒音や振動などの迷惑をかけにくいというメリットもあります。

 

床に傷がつきにくい
さらに、子供の場合はおもちゃやお皿などをよく落とすため、床に傷がつく可能性があります。

 

しかし、コルクマットを敷いていれば直接床に落とすことがないので、傷も出来にくいというメリットがあります。

 

このような厚手のコルクマットにはメリットがたくさんあります。特に小さい子供がいるご家庭ほど、敷いておくと防音や怪我防止など便利なのでおすすめです。

 

賃貸し物件にもおすすめ
アパートやマンションの場合は防音の他にも床に傷がつくことを防ぐ効果もあるので、賃貸などの場合は特におすすめです。

 

また、色を変えることによりレイアウトも様々なので可愛らしい部屋にしたり、シンプルなインテリにすることもできます。

 

まとめ

 

小さい子供のいる家庭には、振動をやわらげたり、床に傷をつきにくい他、怪我の防止に役立つ。

 

また賃貸し物件にもおすすめ

 

おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット
            

 

 


関連ページ

コルクマットの種類
コルクマットと一口にいっても、さまざまな製品があります。その中でも特に人気があるのは、やさしいコルクマットというシリーズです。
日本製と中国製のコルクマットの比較
中国製のコルクマットって大丈夫なのか不安になりますよね。ここでは日本製のコルクマットにはない中国製の利点をお答えしています。
厚型より薄型がよいのか
厚型のコルクマットと薄型のコルクマット。どちらを選ぶかまよいますよね。ここでは厚型より薄型のコルクマットを選ぶメリット を考えました。
クルクマット大粒と小粒のまとめ
コルクマットの大粒と小粒の違い てどうなのか気になりませんか?ここではその点についてお答えしています。
コルクマット大粒ってどうなのかのまとめ
コルクマット大粒がベターなのか気になったので調べてみました。ここではそれにお答えしていきます。
日本製のメリットとデメリットのまとめ
比較すると圧倒的な魅力がある日本製のやさしいコルクマット ですが調べてみると意外なことが!
60cmのジョイントマットと45cmのコルクマットのメリット
60cm・45cmジョイント・コルクマットのメリットについて調べてみました。ここではそれにお答えしています。
コルクマットとカーペットの比較のまとめ
コルクマットって必要なのかな、カーペットのほうがよいんじゃないかと思いませんか。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
30㎝コルクマットの利点のまとめ
30cmのコルクマットについて、その利点を纏めてみました。 ここではその疑問にお答えしていきます。