やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

30㎝コルクマットの利点

30cmのコルクマットについて、その利点を纏めてみました。
ここではその疑問にお答えしていきます。

 

目次
1.30cmコルクマットの利点

 

30cmと45cmどちらがよいですか

どちらの大きさを選べば良いのかを迷った時は、利点は何かを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

市販のコルクマットは、30cm四方のものが一般的ですが、45cm四方のものもあります。

 

通販や100均などで売られているものも30cm四方が大半です。

 

狭い場所への対応

 

一般的によく見る大きさである30cm四方のコルクマットは、小さいが故に狭い場所にも対応しやすいという利点があります。

 

例えば洗面所などで使いたい場合、大抵のお家の洗面所はそれほど広いスペースではありません。

 

そのため、大きいものを購入してしまうと、うまく隙間が埋められず、余った部分を切り落とさなければならなくなり、そのスペースが大きくなってしまいます。

 

それに対して30cm四方の小さめのものであれば、狭いところでもフィットしやすく、切らなければならない部分もそれほど大きくはなくなります。

 

また、汚れてしまいやすい台所などに置きたいという方の場合、汚れたら汚れた部分だけを取って水洗いすることが多くなりますが、これも面積が小さい方がよりこまめに洗いやすく、洗う作業自体も簡単です。

 

取り換えやすい

 

汚れた時に新しいものに換える場合も、30cm四方の小さいものなら汚れのひどい部分だけを換えることができます。

 

まとめ

 

30cmのコルクマットは、狭い場所での対応に優れています。

 

そのため、取り扱い安く、取り換えも簡単にできます。

 

 

おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット
            

 

 

関連ページ

コルクマットの種類
コルクマットと一口にいっても、さまざまな製品があります。その中でも特に人気があるのは、やさしいコルクマットというシリーズです。
日本製と中国製のコルクマットの比較
中国製のコルクマットって大丈夫なのか不安になりますよね。ここでは日本製のコルクマットにはない中国製の利点をお答えしています。
厚型より薄型がよいのか
厚型のコルクマットと薄型のコルクマット。どちらを選ぶかまよいますよね。ここでは厚型より薄型のコルクマットを選ぶメリット を考えました。
クルクマット大粒と小粒のまとめ
コルクマットの大粒と小粒の違い てどうなのか気になりませんか?ここではその点についてお答えしています。
コルクマット厚手のメリットのまとめ
厚手タイプのコルクマットのメリットはとても気になりませんか ?ここではそのメリットについてお答えします。
コルクマット大粒ってどうなのかのまとめ
コルクマット大粒がベターなのか気になったので調べてみました。ここではそれにお答えしていきます。
日本製のメリットとデメリットのまとめ
比較すると圧倒的な魅力がある日本製のやさしいコルクマット ですが調べてみると意外なことが!
60cmコルクマットのメリット
60cmコルクマットのメリットについて調べてみました。ここではそれにお答えしています。
やさしいコルクマットとニトリの比較のまとめ
やさしいコルクマットとニトリの製品どちらがよいのか迷いますね。ここではそんな疑問にお答えします。
コルクマットとカーペットの比較のまとめ
コルクマットって必要なのかな、カーペットのほうがよいんじゃないかと思いませんか。ここではそんな疑問にお答えしていきます。