やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

コルクマット極厚のメリット

コルクマットの厚さは様々なタイプがあります。ここではそれらを纏めて疑問にお答えしていきます。

 

目次

 

1.コルクマットの極厚のメリットについて
2.コルクマットのクッション性
3.体への負担軽減
4.コルクマットの防音性
5.ペットの生活を支援
6.コルクマットの大判のメリットについて
7.防音のためにコルクマットを敷くメリット
8.フローリングにコルクマットを敷くメリット
9.まとめ

 

コルクマットの極厚のメリットはなんですか

・クッション性に優れる ・体への負担軽減 ・防音性が高い ・断熱効果 ・ペットの生活を応援
の5つが挙あげられます。

使う目的も種類も幅広いコルクマットにはいろいろな厚さのものがありますが、その中でも「極厚」の様々なメリットを紹介します。

 

まず第一にクッション性が優れているメリットがあります。

 

クション性に優れる

 

通常のコルクマットよりも厚みがあるので、もし子供やお年寄りが転倒してもその厚みで転倒した際のショックを和らげて怪我からより防いでくれます。

 

体への負担軽減

 

あとそのクッション性でフローリングのような堅い床からの足腰への負担が減らせるので、アスリートの方やお年寄りの方の身体への負担軽減にも重宝します。

防音性の高さ

 

次に防音性がとても高いことです。

 

これも極厚には通常のコルクマットよりもさらに厚みがあるので、生活音が気になる方やマンションやアパートなどで階下に住む方への配慮を考えている方は極厚を選ぶと良いです。

 

断熱効果が高い

 

さらに断熱効果も高いので、用途や目的に合わせた使い方ができます。

 

ペットの生活の支援

 

コルクマットの極厚は、犬や猫などのペットを飼っている方にも重宝されています。

 

ペットが動き回る際の爪の傷からフローリングを守ってくれますし、怪我からも防いでくれるメリットがあります。

 

 

大判のコルクマットを敷くメリット

コルクマットの大判のメリットはなんですか

天然素材のコルクマットには様々なメリットがあります。
ネットショップをチェックしてみると、2種類のサイズ展開をしているメーカーが多いです。
楽に敷ける・継ぎ目が綺麗・枚数がすくないというメリットがあります。

 

天然素材のコルクマットには様々なメリットがあります。

 

2種類のサイズとはレギュラーサイズとラージサイズです。ラージサイズは大判サイズとも呼ばれます。

 

敷きやすい

 

ラージタイプが適しているのは部屋全体にコルクマットを敷く場合です。

 

リビングのように家の中でも広いスペースに敷く場合は、大判の方が楽に敷くことができます。

 

子供部屋に最適

 

ラージサイズだとつなぎ目が少なくなるので子供部屋にも適しています。

 

和室の雰囲気を変えるために畳の上にコルクマットを敷く家庭もありますが、レギュラーサイズを畳の上に敷くと少し浮いてしまうことがあります。

 

ジョイント部分の浮きが気になる場合はラージタイプを使うと敷く枚数が少なくなるので浮きも目立たなくなります。

 

床が汚れない

 

広さがあるので誤ってドリンクをこぼしてしまっても下に漏れる心配が少ないです。

 

ラージサイズは敷きつめ作業が簡単で見た目が美しいというメリットがありますが、必要に応じてレギュラーサイズと使い分けます。

 

一般的にレギュラーサイズの方が大判サイズよりも価格は安いです。

 

ラージタイプは厚みがあるため、それだけ価格が上がります。

防音のためにコルクマットを敷くメリット

コルクマットで防音するメリットは

コルクを使ったマットは衝撃を吸収するクッション性があるので、歩くときの衝撃を緩和できるというメリットがあります。

 

マンションやアパートのような集合住宅では騒音が問題になることがあります。

 

最近は騒音対策のためにコルクマットを敷く家庭が増えています。

 

空気音と個体音

 

音は空気の振動が耳から脳に伝わって感じますが、振動によって空気音と個体音に分かれます。

 

空気音は空気の振動により聞こえる音で、個体音は床や壁などの振動によって聞こえます。

 

騒音には様々な種類がありますが、よく問題になるのが生活音です。

 

足音の対策に最適

 

特に足音には注意が必要になります。足音の防音対策として優れているのがコルクマットです。

 

コルクを使ったマットは衝撃を吸収するクッション性があるので、歩くときの衝撃を緩和できるというメリットがあります。

 

階下への騒音が気になる場合は、厚みのあるマットを使うと騒音対策がより強化できます。

 

振動音対策

 

リビングにスピーカーがある場合は、振動による騒音にも気をつけることが大事です。

 

ヘッドフォンをしても振動音を防ぐことは難しいので、吸音パネルを設置するなどの工夫も必要になります。コルクマットをスピーカーの下に敷いておくと振動音を吸収してくれます。

 

テレビやスピーカーの音量を調節するのはもちろんですが、防音素材を使えば生活音を抑えることが可能です。コルクは色がナチュラルなのでインテリアの邪魔にならないのも魅力です。

フローリングにコルクマットを敷くメリット

コルクマットをフローリングに使うメリットは何ですか

日本人のライフスタイルに合う点です

 

アパートでもマンションでもフローリング床は人気が高いです。

 

見た目が美しいフローリング床は掃除がしやすくダニなどの虫対策もできますが、冬はスリッパを履いていても足が冷えるというデメリットがあります。

 

怪我の予防

 

表面がツルツルしているので、気をつけないと滑って腰を痛めます。

 

最近は日本人のライフスタイルに合うコルクマットが人気を集めています。

 

コルクマットは弾力性があり滑りにくいというメリットがあります。

 

手触りが優しくクッション性があるので、転んでしまっても衝撃が少ないです。

 

光熱費の節約

 

コルクは保温性に優れた素材で断熱性もあります。冬になっても暖かく過ごすことができるので光熱費も節約できます。

 

コルクマットは加工しやすいのも魅力で、自由なレイアウトが可能です。

 

カビ、ダニの防止

 

天然の抗菌成分が含まれているのでダニやカビを防ぎます。

 

コルクには湿度を調節する働きがあり、室内の湿度が高い場合は吸湿して湿度が低ければ湿気を放出することができます。

 

梅雨の時期も快適に過ごすことができ、冬は乾燥を防いでくれます。

 

いつでも使える

 

オールシーズン快適に使うことができ、敷くのも簡単なので便利です。

 

マットを敷くことで床に傷が付くのを防ぐことができます。賃貸マンションや賃貸アパートの場合は、退去するときに傷があると修繕費用を請求されることもあります。

 

マットを敷いておけば、入居した時のままの状態で引き渡すことができます。

まとめ

 

コルクマットは防音性や断熱性も高いので、ペットたちの生活音にも配慮ができます。

 

またブロックパズルのように細かく組み立てや組み換えができて洗えるので、マットを清潔に保てるメリットがあります。

 

 

おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット
            

 

 

関連ページ

コルクマットのメリットとデメリット
コルクマットのメリットやデメリットって気になりますね。ここではその良い点悪い点を纏めてみました。
コルクマットの特徴
コルクマットの特徴とおすすめの用途をしるのはとても大切なことですね。ここではそれらを纏めてみました
コルクマットの利便性
コルクマットの利便性についてまとめてみました。 コルクマットは、優れた天然素材であり、昨今では様々な場所で用いられています。多目的に使用されているコルクマットには様々な特徴があります。
コルクマットの用途いろいろをまとめた
色々な用途に使えるコルクマットのメリットとデメリットってしりたいですよね!ここでは色々な用途についてお答えしていきます。
たくさんあるコルクマットの利点
コルクマットの利点 って調べてみるとたくさんあって嬉しくなります。 ここではその利点を纏めてお答えしています
コルクマットの欠点
コルクマットには多くの利点もありますが、一方で欠点もあります。ここではそれを纏めてお答えします
コルクマットの賢い利用法
大人気なコルクマット、その賢い利用法を調べてお答えします。