やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

赤ちゃやさしいコルクマットの口コミ購入理由と感想編

巷で大人気のやさしいコルクマットの口コミは気になりますよね。

 

そこで赤ちゃんのための購入理由の口コミをまとめてみました。

 

次の5つの理由が挙げられています。

 

それぞれの購入理由にレビュー記事を載せています。

 

また まとめ記事も簡単に掲載しましたのでご参考になさって下さい。

 

①寝返りの環境

 

②滑り止め

 

③はいはいをはじめた

 

④口コミの評判が良い

 

⑤床暖房対応

 

寝返りをはじめた

 

赤ちゃんが寝返りを始めたので過ごしやすい環境作りの為
商品 やさしいコルクマット 約6畳(48枚入)本体 ラージサイズ(45cm×45cm)
(30代 女性)

 

赤ちゃんが寝返るようになり、今後のためを考えて
商品 やさしいコルクマット 約6畳(48枚入)本体 ラージサイズ(45cm×45cm)
(30代 男性)

 

寝返りを始めた子供のために購入。走り回るようになっても下の階に響かないように広範囲に敷きたくてとりあず8畳サイズにしてみました。
やさしいコルクマット 約8畳(64枚入)本体 ラージサイズ(45cm×45cm)
(20代 女性)

 

コルクマットが赤ちゃんの寝返りの環境に良い理由

 

赤ちゃんは生後4ヵ月頃になると寝返りを始めますが、寝返りを始めた赤ちゃんのためにはコルクマットを敷くことがおすすめです。

 

寝返りを打ち始めた頃の赤ちゃんはまだ上手に寝返りすることができませんので、柔らかい布団の上ですと寝返りがうてない場合があります。

 

ほかにも柔らかい布団では寝返りうってうつ伏せになってしまい元に戻れなくなってしまうと呼吸ができなくなり大きな事故につながる可能性もあります。

 

逆に直接床に寝かせたり、床にタオルケットなどの薄い生地を敷いて寝かすと硬すぎて寝心地が悪いといったデメリットがありますが、コルクマットであれば適度なクッション性と硬さで赤ちゃんをサポートしてくれます。

 

また、赤ちゃんは上手に寝返りを打つことができず、勢いで頭や顔を床にぶつけてしまうことも少なくありません。

 

他にもソファやベッドの上に少し寝かしておいた時、ふいに寝返りを打って床に落下してしまう場合もあります。

 

こういった場合でも、コルクマットを敷いておくとクッションの役割をしてくれるので、大きなけがの防止に一役買ってくれます。

 

なお、カーペットの場合、もし赤ちゃんの嘔吐やおしっこで汚れてしまった時にはすべてを洗濯しなければならず、乾くまで赤ちゃんを寝かす場所に不自由するということもありますが、コルクマットの場合、小さなマットを連結して並べていく形状が多いので、汚れた部分だけをお手入れすることが可能です。

 

また、カーペットに比べると毛羽立った繊維を吸い込むといった心配も少ないといったメリットもあります。

 

他にもコルクマットと同じようなウレタンタイプのマットもあります。

 

ウレタンマットは水分を吸収しづらいので汚れを簡単にふき取ることができるというメリットがありますが、コルクマットのような通気性もないので、寝転がっている時間が長い赤ちゃんにとっては、あせもなど皮膚トラブルの原因となってしまう可能性があります。

 

しかし、コルクマットは使用時に細かなクズが出やすいのでこまめなお手入れをこころがけるようにしましょう。

 

 

滑り止め

 

今度新しい家族が増える事になり、大切な子の滑り止め用を探していて色々な口コミを見て購入しました。
商品 やさしいコルクマット 約8畳分サイドパーツ ラージサイズ(45cm×45cm)
(40代 男性)

 

コルクマットが赤ちゃんの滑り止めに良い理由

 

最近は床をフローリングにしている家庭が増えています。

 

フローリングは見た目が良く人気がある床材ですが、赤ちゃんやペットにとってはあまり良い床材ではないです。

 

フローリングは滑りやすくてかたく、さらに冷たいです。

 

赤ちゃんは寝返りの時期からハイハイをする時期にかけて床に接することが多いため、床材には注意が必要です。

 

歩き始めた時期の赤ちゃんは、ヨロヨロとして転ぶことも多くなります。滑りやすいフローリングだと、転んでケガをするリスクが高くなります。
赤ちゃんは背が低いため、床との距離が近く影響を受けやすいです。子供に安全な床材を選ぶことで、安心して子育てができます。
赤ちゃんや小さな子供がいる家庭では、コルクマットやカーペットが好まれます。

 

カーペットは滑りにくいものの、クッションとしての機能は不十分です。最近はダニ防止加工やカビ防止加工をしているカーペットが増えていますが、こぼしたジュースやベビーフードなどがカーペットにしみこむと衛生上心配です。

 

滑り止め効果が高くて衛生的な床材として大きな注目を集めているのがコルクマットです。

 

EVA樹脂配合のコルクマットは、柔軟性と弾力性に優れています。

 

軽い素材で簡単に敷くことができ、ボロボロと崩れることもないです。

 

柔軟性があり衝撃吸収にも優れているので、子供やペットがいる家庭でよく使われています。

 

防音効果も高いので、マンションの部屋にも最適です。

 

コルクマットは有害物質もなく、赤ちゃんが誤って舐めても安全です。

 

クッション機能も高く、コルクという天然素材の出す優しい雰囲気が部屋を引き立ててくれます。

 

コルクは通気性も保温性も優れているので、夏は涼しく冬は暖かいです。湿気が気になる時期でも湿気が部屋にこもらず快適に過ごすことができます。

 

コルクマットは耐久性があるので、長い目でみると経済的です。

 

人気が高く需要があるコルクマットは、優れた製品が様々なメーカーから販売されています。

 

ハイハイをはじめた

 

はいはい期の孫が遊びに来るときフローリングに使用したいと思い購入しました。
類似商品 やさしいコルクマット 約2畳分サイドパーツ ラージサイズ(45cm×45cm) 〔大判 ジョイントマット クッションマッ (50代 女性)

 

赤ちゃんが生まれ、ハイハイをもう直ぐするので
類似商品 やさしいコルクマット 約8畳分サイドパーツ ラージサイズ(45cm×45cm)
(30代 女性)

 

溝があると赤ちゃんが引っかかると思った為
商品 やさしいコルクマット 約8畳分サイドパーツ ラージサイズ(45cm×45cm)
(30代 女性)

 

子供生まれた
やさしいコルクマット 約8畳(64枚入)本体 ラージサイズ(45cm×45cm)
(30代 女性)

 

赤ちゃんがハイハイを始めた時にコルクマットを敷く理由

 

赤ちゃんがハイハイを始めた時にコルクマットを敷く一番の理由は赤ちゃんを守る為です。

 

フローリングや畳の上だとハイハイをした時に地面が固いので、赤ちゃんの柔らかい肌に傷ついてしまいます。

 

コルクマットを敷くと素材が柔らかなので、赤ちゃんを傷つける心配もありません。

 

他にも簡単に取り替える事が可能なので、衛生面でも安心して使用する事ができます。

 

また直に床に接する訳ではないので、冷たさを感じる事もなく、赤ちゃんが風邪を引いてしまう事もありません。

 

動ける範囲にコルクマットを敷く事で、ハイハイをするのが楽しくなって来るはずです。

 

防音効果もあるので、マンションの場合はハイハイの音で階下の方に響く心配も不要です。伸び伸びとした育児を行うことが出来ます。

 

クッション性にも優れており、赤ちゃんがハイハイをして転倒した時にも怪我をする事がないので、安心です。

 

それに靴下を履いていてもコルクマットなら滑らないので、思わぬ事故を防いでくれます。

 

コルクマットは肌触りが良い物を選ぶことで、長時間のハイハイをしてくれる様になり、汗をかいても床が汚れる事がありません。

 

ジョイント式のコルクマットを使用するとハイハイする範囲が増えてきた時にも合わせて拡大して行く事ができるので便利です。

 

また赤ちゃんは床を舐めてしまう事があり、衛生面で心配しますが、天然素材を使用したコルクマットを使用すると口に入っても安全なので、具合が悪くなってしまう事も防ぐ事ができます。

 

コルクマットを敷くとダニやカビを心配する必要もなくなるので、ハイハイする時には安心です。

 

直接床に接触してしまうとダニがついてしまう心配がありますが、抗菌成分が含まれているコルクマットを使用する事で、防ぐ事が出来るので、育児を行う上でもコルクマットを敷く事が大切です。

 

ダニに刺されてしまうと肌が弱い赤ちゃんにとっては健康被害が出てしまう可能性がありますが、床に一枚敷くだけでその心配がなくなるので、お薦めです。

 

口コミの評判

 

赤ちゃんの安全マットを調べて口コミや評判質が良さそうだったから購入しました!
やさしいコルクマット 約8畳(64枚入)本体 ラージサイズ(45cm×45cm)
(20代 男性)

 

赤ちゃんにやさしい、厚みが通常のよりある
やさしいコルクマット 約8畳(64枚入)本体 ラージサイズ(45cm×45cm)
(60代 男性)

 

赤ちゃんのいる家庭にコルクマットの評判が良い理由

 

赤ちゃんは誕生した後6ヶ月から8ヶ月ほどの期間が経過すると自発的に座ったり這う事が可能になり、室内を思いのままに動ける喜びを感じるようになります。

 

自分が行きたい方向に向かって進めるようになるというのは、我慢しなくても良くなるのでストレスが軽減されますし心を成長させる上でも大切な事です。

 

そのためスムーズに移動できるように環境を整備してあげる事が重要になるのですが、現代建築でメジャーになっているフローリングというのは、素材が硬い上に滑りすぎてしまうので適していません。

 

冬などは特に冷たくなるので赤ちゃんにとって動く事は辛いものという意識を植え付けてしまう恐れがあります。

 

一見フローリングのように滑りが良い材質の方が這いやすいように感じられるものの、ある程度摩擦が無ければ手や足を動かして進んでいく事ができないので、滑りにくい素材であるのは絶対条件です。

 

そこでできるだけ室内空間の全体に敷き詰めてあげると良いのがコルクマットであり、コルクマットは程良い柔らかさが感じられるので手足を活発に動かしても痛くなったり痣が出来てしまう恐れが無いですし、冷たくなりにくいので密着している腹部などが冷たくなりません。

 

もちろん滑りにくくなっているのに、摩擦を加えてもカーペットのように熱くなったり毛がまとわり付いて不快感を覚えるといった事がありません。

 

しかもコルクマットが赤ちゃんと相性が良いのは衛生面も例外ではなく、畳やカーペットの場合だとダニや細菌が発生しやすい上に、赤ちゃんの顔との距離も近いので心配です。

 

しかしコルクマット有害物質が溜まったり増殖するといった心配が無く、日々のお手入れとして軽く水拭きするだけで清潔さをキープできます。

 

また赤ちゃんが成長すると次第につかまり立ちなどをするようになり、最初の頃は上手くいかずに転倒してしまう事も多いのですが、コルクマットを敷いていれば怪我の予防になりますし、集合住宅などでも騒音で迷惑をかけずに済みます。

 

床暖房対応

 

床暖房の部屋で現在もコルクマット使用中です。汚れも拭けてやわらかいので孫を遊ばせていても安心です。
商品 やさしいコルクマット 約6畳(48枚入)本体 ラージサイズ(45cm×45cm)
(60代 女性)

 

赤ちゃんのため。床暖房対応を探していました。
商品 やさしいコルクマット 約6畳(48枚入)本体 ラージサイズ(45cm×45cm)
(30代 男性)

 

赤ちゃんの床暖房にコルクマットが良い理由

 

床暖房は過ごしやすい環境を作ることができる便利な設備です。赤ちゃんにとっても暖かでフローリングの冷えからも保護できます。

 

しかし赤ちゃんの床暖房にはコルクマットの方が良いこともあります。

 

コルクマットを敷くメリットはクッション性に優れていることです。

 

床暖房が導入されている場合は、フローリングで直に生活をしていたりカーペットが敷かれていたりすると思われますが、いずれも赤ちゃんにとっては注意が必要な状況です。

 

硬さがあるために転んでしまった時にも怪我をするリスクがあります。

 

その点、クッション性のあるコルクマットですとショックを吸収させられますので転倒時などのリスクを減らすことができます。

 

また適度なクッション効果によって防音性の強化もできるため、赤ちゃんの動きによってドンドンと響く衝撃音を小さくすることもできるでしょう。

 

滑りにくいために転倒のリスクが低いのも特徴的です。

 

フローリングはもちろんのことカーペットを使っている場合も足を滑らせる危険性があります。

 

特に靴下を履いているとバランスを崩した時にも転倒をしやすく、意図せず転ぶのは大人でも大きな怪我をする恐れがあるのです。

 

安全のためには足元の安定性を高めるのが有効ですが、コルクマットですと摩擦が生まれ滑りにくくなります。

 

踏ん張りがききますので遊んでいる時にも動きがスムーズで、自然な動きができることで赤ちゃんの成長も妨げにくいでしょう。

 

うたたねをしている時の安全性の面でもコルクマットには強みがあります。

 

床暖房はポカポカとして心地良さを感じられます。

 

適温ですので安全性も高いように思うものですが、ところがぬるい温かさでも低温ヤケドという症状が出てしまう恐れがあるのです。

 

しかも通常のヤケドと比較すると重症化しやすいというリスクもはらんでいます。

 

ジワジワと深いところまで症状が達してしまいますので、気付いた時には危険な状態です。

 

コルクマットはそうしたリスクがありませんから安心して横にもさせておけます。

 

 

 

コルクマットが赤ちゃんのいる家庭に人気な理由

コルクマットは、赤ちゃんがいる家にこそ有用なアイテムです。
そこでコルクマットが赤ちゃんのいる家庭に人気な理由について纏めてみました。
ここではそれらの疑問にお答えしていきます。

 

目次
1.赤ちゃんのいる家庭で人気な訳
2.こぼれても布巾で一拭き
3.赤ちゃんにやさしい素材
4.アレルギー対策
5.まとめ

 

コルクマットはなぜ赤ちゃんのいる家庭で人気ですか

人気を集めている理由は、その優れた特質に他なりません。

 

小さな子どもはまだ視野が狭く、それだけ躓いたり、物を引っ繰り返すことも多いものです。

 

水や飲み物がこぼれるなど、日常茶飯事として覚悟して置かなければなりません。

 

そんなとき、コルクマットを用意しておけば、被害は最小限で済みます。

 

こうした製品には優れた撥水性があり、穴だらけの外見とは裏腹に水を吸い込んだりしません。

 

布巾で一拭き!

 

液体がこぼれても、ふきんなどでさっとひと拭きするだけで綺麗になりますので、たいへん便利です。

 

赤ちゃんにやさしい素材

 

また、赤ちゃんはまだまだ外部からの刺激に弱く、身の回りのものは自然由来の優しい素材が優先されます。

 

アレルギーにもok

 

人気のコルクマットも、原料は木の皮ですから、アレルギーを引き起こす心配もいりません。

 

赤ちゃんが乗っても、柔らかい素材でできているため、怪我をするリスクを抑えられます。

 

見た目の温かさもあって、小さな子どもを持つ家庭には人気の定番商品です。

 

まとめ

 

水に強いコルクマットですが、定期的に干すと、より長持ちします。

 

赤ちゃん用に使うのであれば、いくつか予備を購入しておき、いつも乾燥させておけば、より安心です。

 

人気が高いコルクマットをとりいれ、健やかな成長を見守っていきましょう。

 

おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット
            

 

 

関連ページ

赤ちゃんにやさしいコルクマット
コルクマットが赤ちゃんにやさしい理由って知りたいですよね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんに大敵ダニに強いかのまとめ
コルクマットがなぜダニ対策によいのか知りたくありませんか?ここではそのコルクマットのダニ対策の疑問にお答えしていきます
赤ちゃんが夏を快適に過ごす方法のまとめ
コルクマットで 夏を快適に過ごすことができるか調べてみました。ここではそれにお答えしていきます。
赤ちゃんにラグマットは意外に不向き
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんとホルムアルデヒドの関係
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんとの生活に必要なコルクマット
赤ちゃんやペットにはやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんが使うコルクマットは日本製をつかうべきか
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんがいても安心なコルクマットの掃除方法
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんの安全を守るコルクマット
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
トイレトレーニングのまとめ
コルクマットがトイレトレーニングの環境作りは最適ってご存知でしたか?ここではそんな疑問にお答えしています。
コルクマットで犬の環境を改善するには
コルクマットで犬の環境を整えるかどうかを調べて、それにお答えしています
ペットの生活にも安心なコルクマット
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
やすいコルクマットは赤ちゃんに使って大丈夫か
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマット
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。