やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

赤ちゃんが使うコルクマットは日本製をつかうべきか

 

 

何かを購入する時、日本製であるかどうかにこだわりますか?

 

赤ちゃんが使う物に関しては特に「日本製である」ということで、より安心感が増すのではないでしょうか。

 

赤ちゃんが使うコルクマットやジョイントマットもやはり日本製を選ぶべきなのかどうかを検討していきます。


 

目次
1.日本製というイメージ
2.そもそも日本製って?
3.品質の見分け方
4.海外製でもおすすめのコルクマット
5.まとめ

 

 

1.日本製というイメージ

 

日本製という言葉を聞いてどのような印象がありますか?

 

高品質、安全、信頼、丁寧、丈夫・・・そんなポジティブな印象をお持ちの方が多いかと思います。

 

私もまさにその一人です。

 

ネット通販で買い物をする時には、検索窓に「国産」や「日本製」などの言葉を追加して検索したり、スーパーで買い物をする時には、商品をひっくり返し原材料がどこの国のものなのか確認したり。

 

それは子どもが生まれてから特に気にするようになりました。

 

やはり赤ちゃんや小さな子どもの肌が触れたり、口にしたりするものは安心で安全なものにしたい。

 

ただ、心の中で少しの疑問もあります

 

安心・安全を求める時に思い浮かべる「日本製」が本当に信頼できるものなのかどうか。

 

とことん調べてメーカーに問い合わせるなどまですれば、それが本当にこちらの求めている信頼に値するものなのかどうかは分かります。

 

でも何かを買おうとする度にいちいちそこまでしていては、何も買えません。

 

そこである程度、自分が許容できるところで手を打って購入に至るのだと思います。

 

許容できる条件や商品の品質、価格・・・全体的なバランスが大事になってきますよね。

 

2.そもそも日本製って?

 

自然と安心なものであると思いがちな「日本製」とは一体どういうものを指すのでしょうか。

 

ズバリ、日本製の定義とは「日本で作られていること」です。

 

「え?そのまま!」と思うかもしれませんが、微妙に違うのです。

 

日本製は日本製でも【日本国内で生産された原材料を使って、日本国内で作ったもの】であれば「純国産」となります。

 

例えばコルクマットでいえば【日本国内のコルクガシの木を使って、日本国内でコルクマットを作った場合】は「純国産のコルクマット」となるわけですね。

 

ちなみにコルクはコルクガシという木の樹皮を剥ぎ取って加工したものです。

 

コルクガシはポルトガル(全世界の生産量の約52%)を中心に南ヨーロッパや北アフリカが主な生産地で、日本での栽培はほとんど見られないようです。

 

そのためか「純国産のコルクマット」を検索してみましたが、ヒット叶わずでした。

 

そこがポイントなのです【海外で生産された原材料を使って、日本国内で作ったもの】も「日本製」の表記となるのです。

 

日本国内で製造されたものというだけでも確かに安心感はありますが、もし海外で生産された原材料に何か異物が混ざっていたり、品質に問題があったりした場合はどうでしょう?

 

その原材料を使っても、日本国内で製造されたら「日本製」になるわけです。

 

その商品が果たして本当の意味で安心・安全なのでしょうか。

 

3.品質の見分け方

 

このように考えてみると、単純に「日本製」という言葉だけに左右されない方が良いということが分かります。

 

例1.【海外で生産された品質に問題のある原材料を使って、日本国内で作った商品】
→品質検査の結果が悪い日本製

 

例2.【海外で生産された優良な原材料を使って、海外で作った商品】
→品質検査の結果が良い海外製

 

もちろん品質も問題なく、検査結果が良い日本製が多いと思います。

 

ただ、この例1と例2のようなパターンもあり得るということです。

 

そうだとすると、一番確かなのは「日本製」「海外製」という表記だけで安心・安全を判断するのではなく、きちんと品質検査がなされ、安全であることがデータで証明されたものを選ぶということに行き着きます。

 

4.海外製でもおすすめのコルクマット

 

品質の確かさと価格のバランスで検討した時に、選択肢の一つに挙がってくるのが「やさしいコルクマット」です。

 

「やさしいコルクマット」は海外製(中国製)でありながら、使用素材は世界最大級の検査・審査登録機関であるSGSの検査基準もクリアし、国内検査機関でも有害物質は検出されませんでした。

 

また、乳幼児(生後24ヶ月以内)に関わるホルムアルデヒドの検出基準値は、大人よりも厳しい設定がされていますが、「やさしいコルクマット」はホルムアルデヒド不検出のマットです。

 

ノンホルムアルデヒド製品として、赤ちゃんのいるご家庭でも安心してご使用できます。

 

寒い季節には欠かせない床暖房・ホットカーペットにも対応していて、日本国内の安全試験所での耐熱試験にて60℃まで変形などの異常が見られないことが証明されました。

 

素材や使用方法においてもきちんと検査され安全性が分かっているので、海外製でも安心して使えますね。

 

品質が保証された海外製であれば安心して使用できると思いますが、やはり価格も気になるところです。

 

試しに、検索をかけて上位に出てきた日本製のコルクマットとやさしいコルクマットの価格を比較してみました。

 

条件はどちらも同じで、サイズ30cm×30cm、約8畳分(144枚)です。

 

【日本製のコルクマット ※厚さ5mm】42,480円(税込)

 

【やさしいコルクマット ※厚さ8mm】13,980円(税込)

 

日本製のコルクマットはやはり高く、やさしいコルクマットの約3倍でした。

 

5.まとめ

 

やはり高品質で耳馴染みのある「日本製」も捨てがたい。

 

しかし海外製でもきちんと検査されて品質の保証がされているものもある。

 

このような場合は、「日本製」という響きに偏らず、品質とコストのバランスで検討してみるのもいいですね。

 

おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット
            

 

 


関連ページ

赤ちゃんにやさしいコルクマット
コルクマットが赤ちゃんにやさしい理由って知りたいですよね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんにやさしいコルクマットの口コミ購入理由と感想編
巷で大人気のやさしいコルクマットの口コミは気になりますよね。そこで赤ちゃんのための購入理由の口コミをまとめてみました。
赤ちゃんに大敵ダニに強いかのまとめ
コルクマットがなぜダニ対策によいのか知りたくありませんか?ここではそのコルクマットのダニ対策の疑問にお答えしていきます
赤ちゃんが夏を快適に過ごす方法のまとめ
コルクマットで 夏を快適に過ごすことができるか調べてみました。ここではそれにお答えしていきます。
赤ちゃんにラグマットは意外に不向き
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんとホルムアルデヒドの関係
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんとの生活に必要なコルクマット
赤ちゃんやペットにはやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんがいても安心なコルクマットの掃除方法
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんの安全を守るコルクマット
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
トイレトレーニングのまとめ
コルクマットがトイレトレーニングの環境作りは最適ってご存知でしたか?ここではそんな疑問にお答えしています。
コルクマットで犬の環境を改善するには
コルクマットで犬の環境を整えるかどうかを調べて、それにお答えしています
ペットの生活にも安心なコルクマット
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
やすいコルクマットは赤ちゃんに使って大丈夫か
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマット
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。