やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

赤ちゃんがいても安心なコルクマットの掃除方法

コルクマットの購入を検討した際、「コルクマットのお手入れってどうやるのだろう?」とふと疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

コルク自体は特別珍しいという感覚もなく、今や身近なアイテムになっています。

 

しかし普段の生活を見渡してみると、ワインやビンの栓、メモや写真を貼るコルクボード、鍋敷き・・・のように「こまめに掃除やお手入れをするもの」というわけではないですよね。

 

赤ちゃんや小さなお子さんが使うコルクマットの場合、清潔に保つためにコルクマットの掃除方法は特に気になるポイントです。

 

目次
1.コルクマットのゴミが気になる時
(1)掃除機
(2)フローリング用ワイパー
(3)コロコロ
2.コルクマットの汚れが気になる時
(1)水拭き
(2)中性洗剤+水洗い
(3)スチームクリーナー
3.まとめ

 

1.コルクマットのゴミが気になる時

 

コルクマットの上のゴミといえば、ホコリや髪の毛、食べかすなどですね。

 

コルクマットを赤ちゃんのために検討しているお母さんも多いと思います。

 

そんなお母さんの悩みの1つとしてよく言われるのが、産後の抜け毛。

 

私自身、産後の抜け毛がひどく「さっき掃除したばかりなのに!」と、床に落ちている自分の抜け毛にうんざりしたこともありました。

 

コルクマットの上にはホコリの他にもそういった髪の毛、赤ちゃんが洋服につけていた食べこぼしのカスなどが落ちることが考えられます。

 

そのようにゴミが気になった時、コルクマットの掃除はどのようにしたらいいのでしょうか。

 

ただでさえ忙しい毎日。

 

お掃除が手間で面倒だとストレスになりがちです。

 

コルクマットを生活に取り入れたからといって、面倒なことは避けたいもの。

 

一見「お手入れが難しそう」と思いがちなコルクマットですが、特別なお掃除アイテムなどがなくてもできるコルクマットのゴミ掃除の方法を見ていきましょう。

 

(1)掃除機

掃除といえばやはりコレですね。

 

コルクマットは放電性に優れていて静電気を溜め込まないので、ホコリや髪の毛がまとわりつくことなく、ササッと簡単にゴミを吸い取ることができます。

 

ただし、吸引力が強過ぎる掃除機を頻繁に使用するとコルクが脆くなったりジョイント部分がずれたりする可能性もあるので、吸引力が強いと言われている掃

 

除機の使用は控えたり、アタッチメントがある場合には装着の上使用したりする必要が出てきます。

 

一部の掃除機では注意が必要であっても、ジョイント部分のゴミも吸い取れることが掃き掃除や拭き掃除との違いですね。

 

ただ掃除機は音もあり、ホコリが舞い上がったり掃除機の排気が気になったりするので、赤ちゃんがいるとゴミが気になった時にいつでも手軽にお掃除!というわけにはいきません。

 

それでは音が静かでホコリの舞い上げや排気を気にせずにコルクマットの掃除が可能なアイテムは何でしょうか?

 

(2)フローリング用ワイパー

 

このお掃除アイテムもお持ちの方は多いのではないでしょうか。

 

フローリング用ワイパーはホコリや髪の毛も静かに絡み取ってくれ、ソファの下など掃除機では入り込めないような隙間も手軽に掃除できるので助かりますよね。
我が家では上の子が赤ちゃんだった頃、とにかく音に敏感でティッシュを取る音でさえ目を覚ます程だったので、掃除機は早々に選択肢から消え、専らフローリング用ワイパーでした。

 

そんな便利なフローリング用ワイパーですが、コルクマットの掃除にも使えるのかどうか。

 

口コミを検索してみると賛否両論、どちらかというとコルクマットには不向きという意見が多く見られます。

 

確かにコルクマットは滑りにくいという特徴があるので、シートがよれたり必要以上に力が必要だったりするイメージがあります。

 

しかしそれはフローリング用ワイパーのシートの種類も関係していて、ペッタリと凹凸のない真っ平らなシートだと滑りにくいかもしれませんが、表面に凹凸があり

 

毛先も毛羽立っているような立体吸着型のシートだとフワッとホコリや髪の毛を絡み取ってくれるのでコルクマットの掃除にも使うことが可能です。

 

コルクマットに強く押しつけながらではなく、軽い力で滑らせるのがコツです。

 

(3)コロコロ

 

これも今や定番のお掃除アイテムですね。

 

ササッと手軽に、そして音も気にせずにできるアイテムとして根強い人気があるコロコロですが、コルクマットの掃除には不向きなのです。

 

カーペットや絨毯に使うコロコロは粘着力が強く、コルクマットの表面を傷めたり剥がしたりしてしまいます。

 

せっかく身近なお掃除アイテムなのに使えないのはもったいない!

 

そこで先にカーペットや絨毯を少しコロコロして粘着力を弱めた後に使うという手もありますが、それだとあっという間に粘着テープ部分を剥がし新しいテープに
替えて、またカーペットなどで使って・・・を繰り返しては非効率でもありちょっと面倒ですよね。

 

そんな面倒を解消してくれて、コルクマットにも使えるフローリング用のコロコロがあるのです。

 

それは接着面が強粘着と弱粘着のWの粘着加工がされているため、フローリングにもコルクマットにも、もちろんカーペットにも使えます。

 

ただしテープ面を強く押し当てる、矢印方向とは違う方に動かす、横方向に力をかける、などすると、テープが貼り付いたり、のり残しができたりするので使用す
る際には注意が必要です。

 


コルクマットの汚れが気になる時

2.コルクマットの汚れが気になる時

 

コルクマットの汚れといえば、食べこぼしや飲みこぼし、使い続けていくうちにできる黒ずみなどですね。

 

コルクマットを汚してしまった時や足裏の汗や皮脂の蓄積からくる黒ずみが気になり始めた時、掃除はどのようにしたらいいのでしょうか?

 

やり方に多少の注意点はあるものの、決して難しくはないコルクマットの汚れ掃除の方法を見ていきましょう。

 

(1)水拭き

 

食べこぼしや飲みこぼしについては、コルクマットに防水性があるので固く絞った雑巾で優しく押さえるようにサッと拭き取るだけで充分です。

 

ゴシゴシ力強く拭いてしまうとコルクの表面が傷んだり剥げたりしてしまうので、拭き方には注意が必要です。

 

また、雑巾を濡らし過ぎないように注意し、もしコルクマットに水分が残っているようでしたらきちんと乾かすようにしましょう。

 

塗れたままにしておくと、水に強い素材であるコルクであってもカビが生える原因にもなってしまいます。

 

(2)中性洗剤+水洗い

 

固く絞った雑巾で落ちなかった汚れや足裏の汗や皮脂の蓄積からくる黒ずみについては、薄めた中性洗剤(台所洗剤など)を布に含ませ、汚れを浮かせるイメージで汚れている箇所を優しく叩いて拭き取ります。

 

ここでも水拭き同様、ゴシゴシこすることは避けましょう。

 

防水効果のある「やさしいコルクマット」は水洗いも可能ですが完全防水ではないため、汚れが落ちたらサッと水を流す程度の水洗いにとどめ、素早く水分を拭き陰干しにします。

 

直射日光に当てた方が早く乾きますしカラッと気持ちがいい感じがしますが、直射日光で乾かすと変色や変形の恐れがあるので、水洗い後はマット同士を重ねたり置いたりせず、縦にして日陰でじっくり乾かしましょう。

 

中性洗剤+水洗いはお子さんがクレヨンで落書きをしてしまった場合や赤ちゃんがお漏らしをしてしまった場合、嘔吐してしまった場合にも使える掃除方法です。
※ウィルス性胃腸炎からくる嘔吐の場合は中性洗剤ではウィルスは死滅せず、感染が拡大する可能性があるのでこの限りではありません。

 

(3)スチームクリーナー

 

年季の入った頑固な汚れを落としたい時、水拭き・中性洗剤+水洗いではできない除菌までしたい時にはスチームクリーナーがおすすめです。

 

これはどのご家庭にも置いてある定番アイテムではないですね。

 

ただ、スチームクリーナーは洗剤を使わずに水だけで頑固な汚れの洗浄や除菌ができるので、赤ちゃんがいるお家では検討したことくらいならあるかもしれません。

 

でもスチームクリーナーは「水」を使い、「100℃前後の高温」スチームで洗浄すると聞くと「え?コルクマットに使えるの?傷まないのかしら」と思う方もいらっしゃると思います。

 

私は実際そう思いました。

 

ですがスチームクリーナーの高温スチームは速乾性があり、瞬時に蒸発するのです。

 

水洗いできないコルクマットや床暖房対応していないなどの耐熱性に不安があるコルクマットには簡単に変形や反りが起こるかもしれませんが、「やさしいコルクマット」はその点もクリアしているので使用することができます。

 

ただし、「やさしいコルクマット」も100℃前後の高熱を一ヶ所にずっと当てられては変形や反りが起こりうるので、一ヶ所にじっくりスチームを当てず常に動かしながら使う必要があります。

 

加えて、スチームクリーナーの高温スチームは速乾性があり瞬時に蒸発するとはいえ、蒸気がコルクマットに浸透する可能性があるので使用後はちゃんと乾いているかを確認した上で取り付けた方が安心です。

 

高温で傷みが進む可能性もありますので、頻繁に使うのでなく年に数回などに留めておくことをおすすめします。

 

頑固な汚れ落としやコルクマットの除菌までしたいとお考えの場合には、スチームクリーナーもお掃除アイテムの1つに入れてみるのもいいですね。

 

お手頃なものも出ていますが、「そんなに頻繁に使いそうもない」「買ったところでそのうちしまったままになりそう」という場合には、スチームクリーナーのレンタルもあるのでレンタルを賢く使ってみるのも1つの手です。

 

3.まとめ
コルクマットのお手入れ方法を見ての印象はいかがでしたか?
このように見てみるとコルクマットは決して扱いにくい素材ではなく、ちょっとした注意点やコツはあれど、普段の生活でよく使っているものでキレイに掃除することができることが分かります。
家族のため、自分のために、より良いコルクマットを探していらっしゃると思いますので、掃除のポイントを押さえて、できるだけ長く、キレイに使い続けたいですね。

 

おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット
            

 

 


関連ページ

赤ちゃんにやさしいコルクマット
コルクマットが赤ちゃんにやさしい理由って知りたいですよね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんにやさしいコルクマットの口コミ購入理由と感想編
巷で大人気のやさしいコルクマットの口コミは気になりますよね。そこで赤ちゃんのための購入理由の口コミをまとめてみました。
赤ちゃんに大敵ダニに強いかのまとめ
コルクマットがなぜダニ対策によいのか知りたくありませんか?ここではそのコルクマットのダニ対策の疑問にお答えしていきます
赤ちゃんが夏を快適に過ごす方法のまとめ
コルクマットで 夏を快適に過ごすことができるか調べてみました。ここではそれにお答えしていきます。
赤ちゃんにラグマットは意外に不向き
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんとホルムアルデヒドの関係
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんとの生活に必要なコルクマット
赤ちゃんやペットにはやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんが使うコルクマットは日本製をつかうべきか
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんの安全を守るコルクマット
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
トイレトレーニングのまとめ
コルクマットがトイレトレーニングの環境作りは最適ってご存知でしたか?ここではそんな疑問にお答えしています。
コルクマットで犬の環境を改善するには
コルクマットで犬の環境を整えるかどうかを調べて、それにお答えしています
ペットの生活にも安心なコルクマット
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
やすいコルクマットは赤ちゃんに使って大丈夫か
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマット
赤ちゃんとペットにやさしいコルクマットが向いているのかどうか気になりますね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。