やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

コルクマットを扉の前に敷くには

 

コルクマットを扉の前に敷くと扉が開かなかったりトラブルが多いですね。そこでそれを纏めお答えしていきます。

 

 

子供がいる家庭の場合、子供が怪我をしない為にも安全対策をしながら生活をしなくてはなりません。

 

つかまり立ちを始めたら、フローリングの上で転倒することによって大きな怪我につながる事もありますので、部屋全体の安全対策としてコルクマットを敷く方法があります。

 

子供はどこで転倒をするかわかりませんので、部屋全体にコルクマットを敷き詰めておけば、より安全を確保しやすくなります。

 

扉がどちらに開くかを確認しておく
コルクマットを部屋全体に敷き詰める場合、扉の前にも敷く事になりますが、扉がどちらの方向に開くかを確認しておかなくてはなりません。

 

部屋とは反対方向に開くのであればコルクマットを購入しても問題ありませんが、扉が部屋側に開く場合には扉が開けられなくてはなりません。

 

隙間の高さを測る
扉の前にも敷きたいのであれば、扉の下の隙間よりもコルクが薄くなければなりませんので、隙間の高さを測る必要があります。

 

ギリギリのサイズを購入した場合、測り間違えなどによって扉が開かなくてもいけませんので少し薄めのサイズを購入した方が安心です。

 

購入後に万が一開かなかった場合には、扉が開く部分だけコルクマットをカットして使用する事になります。

 

コルクマットをカットする時には、カッターを使用してカットするときれいに切りやすくなりますので、サイズを測ってからカットをするときれいに切れます。

 

一気に切り込まず、少しずつ
カッターで一気に切り込みを入れようとするのではなく、まっすぐに少しずつ切り込みを入れるつもりで薄く切り込みを入れていき、何度か繰り返してカットするのがコツです。

 

一気に切ろうとした場合、必要以上に力が入る事になりきり口がガタガタになる事があります。

 

あまりにも切り口がガタガタであれば見た目が良くありませんので、きれいにカットする為にカッターの使い方に注意が必要です。

 

カッターが最適
はさみを使ってカットする場合、何度もはさみを動かす事になりますのできれいに切れなくなりますので、コルクマットのカットにはカッターが最適です。

 

まとめ

 

まず扉がどちらに開くかを確認しておく

 

薄さも把握しておく

 

ハサミを使わずカッターを使用する

 


おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット