やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

コルクマットを部屋全面に敷くコツ

コルクマットを部屋全面に敷くコツ を纏めてみました。ここではそれを中心にお答えしていきます。

 

お部屋の床が傷んできたり、あるいは防音効果や寒さ対策として、床にマットを敷くのはとても有効です。

 

カーペットなど何畳用とお部屋のサイズに合わせて買ってきたものはただ広げておけば済みます。

 

最近では店頭でパズルのように組み合わせるタイプの敷物をよく見かけるようになりました。

 

素材はスポンジが入った非常に安価なものから 100 パーセントコルクで作られているものもあります。

 

おすすめはやさしいコルクマット
おすすめはコルク 100 パーセントのコルクマットです。

 

100 パーセントだと沈み込みが無いので使用しているうちにへこんできた、といったことがありません。

 

また、コルクの滑り止め効果で床全面に敷かない場合でもずれたりすることが少ないと言えます。

 

また、やさしいコルクマットは臭いやホルムアルデヒトの対策も厳しい品質管理をしているので、気になることがありません。

 

そういった意味で、他のマットよりコルクマットが人気で注目を集めています。

 

もともとコルクは茶系のナチュラルな色良いなのでどんなタイプのお部屋にも合わせやすいのですが、さらに最近はカラーバリエーションも豊富で、ピンクやグリーンなども発売されていますのでお好みに合わせてコルクそのもののナチュラル色と組み合わせて模様を作ったりとコーディネートを楽しむことができます。

 

>部屋の端から敷かない
パズルタイプのマットを部屋全体に敷くにはコツがあります。まず、端から敷かないことです。

 

部屋の真ん中から敷いていき、端はマットを切ることで調整します。こうすると、ゆがんだりせずにきれいに仕上げることが出来ます。

 

人が部屋を目にするときは部屋の中心から見ますし、端には家具などを配置する場合が多いので真ん中から敷いていくということになります。

 

また、このようなパズルマットの利点は、汚れた部分だけ交換できることです。

 

コルクマットは通常のパズルマットよりは汚れに強いのですが、もし汚れたりして交換しても変色や沈みがないので、そこだけ目立って違和感があるようなことは少ないです。

 

まとめ

 

コルクマットはやさしいコルクマットを使う

 

部屋の端から敷くのではなく、中心から敷いていく

 

 

 


おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット
            

 

 

関連ページ

コルクマットを部分的に敷くコツ
コルクマットを部分的に敷くときのコツを纏めてみました。ここではそれを中心にお答えしていきます。
コルクマットを扉の前の敷くコツ
コルクマットを扉の前に敷くと扉が開かなかったりトラブルが多いですね。そこでそれを纏めお答えしていきます。
コルクマットに家具を置くときの注意
コルクマットに家具を置くときに注意することは何でしょう。ここではそれを中心にお答えしていきます。
コルクマットに隙間が出来た時
コルクマットに隙間が出来た時どうしたらよいのかを調べて纏めました。ここではそれらを纏めて疑問にお答えしていきます。