やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

コルクマットを炬燵と併用するメリット

コルクマットを炬燵と併用するメリットについて調べてみました。ここではそれを纏めてお答えしています。

 

フローリングは掃除がしやすい、ダニの発生が少ないなどのメリットがありますが、音が響いてしまったり、弾力性がなく冬は冷たいなどのデメリットがあります。
そんな問題を解決するのに役立つのがコルクマットです。

 

コルクマットはコルクを使ったマットで、敷くことによって防音効果を得ることができたり、裸足で歩いても冷たくない、弾力性があるためペットの足腰の負担を減らせるなどの効果を期待できます。

 

しかし、コルクマットを使う場合には様々な疑問が出てくると思います。

 

工夫をすれば併用できる
その疑問の一つがこたつと併用できるのか、ということです。フローリングでもこたつを利用しているという人多いと思いますが、コルクマットは基本的に併用できないとされています。

 

これはコルクが熱に弱いわけではなく、クッション材である EVA 素材が熱に弱いためです。

 

EVA 素材の耐熱温度は約 70 度程度だとされており、いきなり溶けることはありませんが熱を加えると変形してしまうことが考えられます。

 

こたつの内部の温度は最大で 60 度台後半まで上昇するため、こたつと使うためには注意が必要です。

 

床から順にコルクマット、カーペット、炬燵の順で敷く

 

ただし、工夫をすることによって使うことは十分にできます。 床から順にフローリング、コルクマット、カーペット、こたつの順なら大丈夫だと考えられ
ます。

 

カーペットを挟むことで直接の熱をカットすることができ、内部が 70 度近くなることを防ぐこともできます。

 

また、カーペットがない場合にはこたつ布団を利用するのもオススメです。アルミで熱を反射させる効果のあるものを利用するのもより安心です。

 

アルミの遮断シートを敷くのも効果がある
より安全にしたいという場合には、アルミ製の遮熱シートをコルクマットの上に敷くのも効果的だと考えられます。

 

アルミは熱を反射する効果があるため、熱を伝えることを防げます。

 

変形するほど熱くなるということはまずないと思いますが、安全に使うためにも直にしかない、熱を伝えない工夫をすることが大切です。

 

必ず熱さを弱設定にすることも傷みを防ぐことになります。

 

まとめ

 

基本的に炬燵との併用はできないが、工夫次第でできる。

 

フローリング、コルクマット、カーペット、炬燵の順で敷く

 

アルミ製の遮熱シーツを敷けばより安全になる

 

 

 

 


おすすめのコルクマット おすすめのジョイントマット

使ってみて素晴らしい やさしいコルクマット
          

使って素晴らしい やさしいジョイントマット
            

 

 

関連ページ

コルクマットがリビングに向いている理由
コルクマットが何故リビングに向いているのか理由を調べてまとめてみました。ここではそれを中心にお答えしていきます。
洗面所でコルクマットを使用するときのコツ
洗面所でコルクマットを使用する時の注意点 について調べてみました。ここではそれを纏め疑問にお答えしていきます。