やさしいコルクマットのメリット・デメリット口コミ情報なら

コルクマット激安品を買う時の注意

激安のコルクマットについてまとめてみました。
ここではその疑問にお答えしていきます。

 

目次
1.子供や赤ちゃんのために買う場合激安コルクマットの注意する点
2.激安品のデメリットはなにか
まとめ


子供や赤ちゃんのために買う場合激安コルクマットの注意する点はどこですか

①素材が赤ちゃんや小さな子供に優しいもので出来ているのか
②縫製がしっかりしているかも
を確認することです

 

小さな子供がいる家庭には必ずと言っていいほどひいてあるのがコルクマットです。

 

普通の床であれば、赤ちゃんや子供が転んだ場合けがをすることもありますがコルクマットを引いていればクッション効果の役割を果たしてくれるため、けがを防いでくれます。

 

また、カーペットは冬には暖かくていいですが夏になると暑いというデメリットがありますが、コルクマットは冬は断熱性に優れていますし、反対に夏はさらっとしていて涼しく感じられるほどです。

 

このように1年中コルクマットを使用できるというのは大変便利です。

 

子供のいる家庭に大きな支持

 

そして、カーペットや畳と違って食べこぼした際も簡単にふき取れる点も小さな子供がいる家庭に支持されている大きな理由です。

 

ほとんどのコルクマットで水洗いが可能ですので、ジュースをこぼした際もその箇所のみを水洗いすれば済むというのも忙しい主婦にとってはうれしい限りです。

 

そして、お値段も100円均一ショップでも購入できるというのも利点です。

 

しかし激安コルクマットはよく商品をみて購入しなければなりません。

 

多くの場合子供の安全性のために購入する場合が多いので、素材が赤ちゃんや小さな子供に優しいもので出来ているのかや、縫製がしっかりしているかも確認する必要があります。

激安品のデメリットはなにか

激安品のデメリットはなんですか

激安のコルクマットは不具合の程度が強く出ることです

 

暖かく、踏み心地の良いコルクマットは家庭で人気です。

 

フローリングの上でも、プラスチックタイルの上でも手軽にしくことができるので、扱いやすい床材です。

 

しかし、激安の商品の中には不具合が生じるものもあり、デメリットとして注意する必要があります。

 

激安は不具合の程度が強い

 

コルクマットのデメリットは高級品でもある程度は出るものですが、激安の商品は不具合の程度が強く出ます。

 

激安コルクマットは細かいコルク屑が出る

 

デメリットとして多いものに、細かいコルク屑が出ることが挙げられます。

 

コルクが壊れるわけではありませんが、製品化する工程で付着したコルク屑が、初めの内は出やすい特徴があります。

 

購入後しばらくは、小まめに掃除することでなくなる性質のものです。

 

構造的なデメリットとして、高さの問題があります。

 

10mmほどの高さでも、床に敷くことでストレスを感じることがあります。

 

ドアの開閉の邪魔になったり、サイドボードの扉が開かなくなったりのトラブルが発生することがあります。

 

まとめ

 

激安のコルクマットはつなぎ目が反りやすいデメリットもあります、コルクマットの端の部分や、継ぎ目の部分はめくれ安く、注意して使うことが求められます。

 

また、臭いが気になるとか、デザインが単調だとかいったこともデメリットと感じる人がいます。

 

気を付けて購入しましょう